戦略を知っておく

弁当の販売戦略について

今の日本の弁当は、実に様々な種類を持って販売されています。それは昔では考えられないほどインターネットの時代になり、各種仕出し弁当業界のお店がその宣伝方法として大きな費用の掛かる媒体(テレビ、新聞等)を使わずにネットのホームページ戦略が出来るからです。そして弁当メニューも単に活字で宣伝するだけでなく、鮮明な仕出し弁当画像や動画を通して宣伝できるのです。この画像一つ取っても、商品の照明匠に操ることで美味しさを倍増できるようになった革新的照明(LED)が使えるからでもあります。もちろん仕出し弁当そのものの素材や料理方法を演出できるようにしているところもあります。また口コミが一番業界では大事であり、利用した顧客からの言葉を紹介できる仕組みも取り込んでいるのです。

競争激化する仕出し弁当業界について

これだけ宣伝効果を多くの見込み客に対して行える技術を有したことで広く一般に仕出し弁当情報を届けられるようになったのですが、基本の仕出し弁当業界の商圏は、近くの地域に密着していることが多く、このあたりを成功に導くために全国に広めることでこの宣伝効果を増すチェーン展開を試みる企業も増えています。逆に地域密着を大切にするお店は、地域コミュニティとしてのソーシャルネットワークを立ち上げることで地域貢献を掲げてかつ宣伝効果を狙うように販売戦略化させているのです。どちらも規模からくる独特の戦略方式を取っているからこそ、値段勝負の競争が激化しているのも確かです。最後はやはりお客様へのおもてなし(美味しさの追求)が勝負となって行きます。